TERRA'S ROOM

Since 1998/10/28
TOP画像。(size=19.5K)

2006年

日本の有人最○端 東西南北制覇
北海道はバイク、HONDA XRV750
沖縄は自転車、DAHON BOARD WALK D7





2006/08/09
日本最東端 北海道 納沙布岬


西 2006/04/17
日本最西端 沖縄県 与那国島 西崎(いりざき)


2006/04/19
日本最南端 沖縄県 波照間島


2006/08/05
日本最北端 北海道 宗谷岬


かなり適当に作られている為、ブラウザによっては正常に表示されない可能性が有ります。
表示やデザインの違和感は、制作者の特殊なセンス疑って下さい。
誤字脱字等は、生暖かくスルーして下さい。

気が向いた時に書いてる雑記の為、毎日更新はしない。
本来のトップは こちら http://terra.skr.jp/index2.html

2016年02月20日

XLR125Rのリアサスペンション


前回OHに出してから約4年、そろそろOHに出さないとな〜
と思いつつ後もう少し・・・と放置していたら

抜けました

仕方なく予備の純正ショックを取付たが、予備のショックは23年物

通勤距離も多い為、もう一台XLR125Rを組んでしまおうと思っていた所なので
本格的に予備の確保をすべくXR200(ME05)のリアショックを注文

なんてする事無く

またCRM250Rk(MD24-10xxx)初期型サスを入手

さてどうしよう?

DSC_0293.JPG

はい、ローダウンキットとして当時売られていたコの字部分のパーツ発見

これ付くんじゃない?
と思って手に入れたMTX200R(MD07)のコの字部分がドンピシャ

(MTXのパーツリストが手元に無いし、廃盤の可能性も有るので何とも微妙な話ですが
コの字部分にパーツ番号が有る場合は、純正パーツとして注文出来ます)

ただ、同じMTX200RでもMD07(前期型)とMD13(後期型)と有り
私が入手したのはMD07のスプリングの色が赤い物、MD13はスプリングの色が青

形状的に同じ様な気がするが、比較していないので不明




とりあえず
CRM250Rk(MD24-10xxx)初期型サス

MTX200R(MD07)のコの字部分

XLR125R/200Rのリアサス長になる。事がわかりました。
(上側の幅が狭くなるのでワッシャー等で調整は必要ですが)


XR200(MD05)のリアサス価格を考えると、個人的にはこれで良いかな〜
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2013年01月17日

少しメンテ


・数日前にスピードメーターが回らなくなった

考えたのは、メーターケーブルかギアが

抜けた>切れた>壊れた

この三つ


結論としてはメーターケーブル切れ


実は幸運な事に、記憶に有る限り所有バイクのメーターケーブルが切れた事が無く(多分・・・)

NSRの時はメータギアとスプロケを繋ぐプラスチック部分が良く舐めましたが
ワイヤー関係は初だったので、真っ先に疑ったのは接続部分の抜け

フロントマスクを外しメーターとの接続部分を見たら異常無し

上側を外して中のワイヤーを軽く引っ張ってみたら


ズルっ

と綺麗に抜けました



やれやれ・・・


と思いながら、予備のメーターケーブルをストックパーツ入れから取り出し
交換しようとフォーク側の固定パーツを外すと、その部分にアウターの割れを発見

抜けたケーブルを這わせてみると、丁度ピッタリの位置

長年の負荷でアウターが劣化、そこが割れて微妙に角度が付いた事と雨水の進入で切れた様子



交換後に他の異常が無いかとチェックした所、フロントのブレーキスイッチの調子が微妙におかしい

スイッチが効いたり効かなかったりするのでどうやら壊れている様子


数日前は平気だった様な気がするのだが、何時から壊れていたのか・・・


これまた予備パーツと交換して無事復活



今回交換したパーツはメーターケーブルとブレーキスイッチの2点

フレーム番号が3桁台なので、もしかしたら20年以上前の物になる


そう考えるとむしろ良く今まで使えてたもんだ


まぁ交換した予備のケーブルも同じ様な物なので、近い内に新品を注文しておこう

タグ:XLR125R
posted by TERRA at 02:59| Comment(2) | TrackBack(0) | XLR125R

2012年07月16日

オイル交換

大洗の港で寝ていたXLR125R

ヨダレ…もといオイルとガソリンを垂らしたのでオイルの容量をチェックしたところ

レベルゲージ下

交換して300Kmしか走って無いのにorz

長い北海道、不安を抱えたまな上陸するのか〜
苫小牧に着いたらバイク屋探さなくちゃ〜

出発までまだ六時間も有るのか〜

ん!?

六時間!?


というわけで、ひたちなか市のウイング店でオイル交換

さあ待ってろ北海道!
posted by TERRA at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2012年07月12日

オイル交換とマフラー交換。あとチェーン調整


北海道に向けて最後のメンテ

XLR125Rのオイル交換の容量は1リットルなので、実は市販の廃棄用パックを使うと勿体ない

それでも私は市販の4〜5リットル用を使ってオイルを捨てている

理由は簡単で

廃油処理だけを頼むのは心苦しく、量とペース的に少ないが回数がそれなりに多いので
自作の処理パックだと捨てる頻度も多く、近所から変な噂を立てられる可能性が有る

処理方法として問題無いとはいえ、頭の固い人には通じないし波風は立てたくない
それならパック買って交換した方が要らないストレス溜めなくて良い


今回の使うパックは前回フォークオイル交換をやった時に開けた物

XLR125Rのフォークオイル交換時に使った物でまだ3.6リットル位は入る

交換を予定しているのは

エストレヤ…1.8リットル
XLR125R…1リットル
CT110…0.9リットル

合計3.7リットル

4.5リットル用のパックだったので、ちょっとオーバーしてる気もするがまぁ良し


XLRは1ヶ月前に交換したばかりなのでちょっと無駄な気もするが
長距離ツーリング前にはオイル交換をするのが自分ルールなので交換

エストレヤは前回交換したのが去年の11月頃だったので
距離は走っていないが、夏と冬を過ぎたら交換時期なので少し引っ張り過ぎか

CT110は…暫く交換した覚えが無いので交換


少しタブタブしてる気もするが良いかな…



オイル交換後、マフラーの交換

家のXLR125Rは買った時からRSVサイレンサーが付いていて
来て早々キャブをXLR200R用に交換、エアクリ周りをXR200用に変更しMJ UP

XR200の豚鼻は左右を潰して空気を絞り、MJは#112で薄目だが適当にセッティング(したつもり)

街乗り 24〜25km/l
ツーリング 27〜29km/l


バッフル有りでも五月蠅いので、今回の旅行中は燃費向上も込みで一部ノーマルに戻す事にする

そのままだとセッティングが合わないので一部パーツを交換

XR200の湿式エアクリはそのまま、XR200のダクトはXLR125R純正に戻す
そのままだとエアクリ固定の手回しナットに干渉するので、ダクトのエアクリ内側を半分の長さにカット

エキパイはXLR200Rのまま、キャブもXLR200RのままだがMJは#105に変更
前のセッティングがMJ #112だったので少し燃費が良くなる計算



その状態で一回目の給油の結果

街乗り 27km/l


そこまで変わるか…

チェーンは初期伸びが終わった様で2つ程動かして終わり


さぁ準備万全!!

パッキングしてないorz
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 15:42| Comment(4) | TrackBack(0) | XLR125R

2012年06月11日

XLR125R メンテその5


チェーン交換

去年、北海道に行く前に交換したチェーン

メーカーはKMCでサイズは520-110ノンシールを108にカットして使用
カシメでは無くクリップジョイント式の物

価格は2000円以下という心配になる価格


これがKMCというメーカーで無ければ絶対に買わなかったが
KMCは台湾メーカーで、シマノのチェーン(自転車用)を作っている所
バイク用としてはマイナーだが、個人的に問題の無い物だと思って使っている


で、実際に6000km以上の1年以上使ってみて交換時期が来た

距離的にもう少し…とも思うが、ノンシールでメンテも適当にやっていたので
長期ツーリング中は注油位しか出来ないのに、これだけ使えれば御の字


個人的に問題なし


特に2000円以下の価格が良いね!




さて、ついでにスプロケでも交換

しようと思ったが、古いのと新しいのを比較した所まだ使えそう

私のXLR125Rは200用の520サイズのスプロケに変更している
428と違い520にすると流用が効くので、純正と比べて安く丁数の変更もし易い

とはいえ

スプロケは5000円以上
チェーンは2000円以下


スプロケはまた今度にしよう…




書き忘れたが、前回暇を見てブレーキキャリパーのOHしてました

古くなったオイルを抜き、パッドを外してピストンを抜こうとして吃驚

普通ブレーキピストンは凹の上の面がパッド側に有るイメージだったが
XLR125Rのピストンは真っ平らで、ピストンを抜く工具が入らない


・・・


Q.どうやって抜くの?

A.エアを使って


注意

エアガンをホース穴に突っ込んで吹くと

ポンッ!!

と勢い良く飛び出すので、必ず飛び出さない様なストッパーを用意する事
私は100均のCクランプを使用

外してみるとXLRのブレーキピストンは樹脂製の様で、これがタッチが悪い理由か?

XR250やFTR223、アフリカツインなんかも同じシールを使っているので
気が向いた時にでもピストンだけ交換してみるかな…


ブレーキオイルとシール類を交換後、交換前よりは良くなったが
マスターシリンダーのオーバーホールはしなかったので微妙な感じ

デイトナの補修部品でも近い内に買いに行くか…




交換orメンテ完了箇所
・フロントフォークのOH
・ステムベアリングの交換
・ホイールベアリングの交換
・タイヤ
・オイル
・FブレーキのOH
・リアショックのOH
・チェーン
・スプロケ(今回は交換せず)


さぁ待ってろ北海道!
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 22:34| Comment(2) | TrackBack(0) | XLR125R

2012年06月04日

XLR125R メンテその4


ここ数日、1〜2時間位時間を取ってXLR125Rのメンテ継続


・オイル交換

ニュートラルの入りが悪くなっていたが面倒で放置していた
確か前回やったのは去年の秋頃だったので、少し引っ張りすぎた感が有るが

交換時にオイルを見てみると濁った感じに黒く緩い

どうせ1リットルしか入らないのだから、面倒だからと引っ張らないで
Chevronの10-40Wは安いオイルなので、こまめに交換しておけば良かった



・リアサス

そして今回の本題、XLR125R/200Rのリアサスの交換とOHに関して


交換する前の純正サス

完全に抜けていてバネだけでボヨンボヨン良く跳ね
これで長距離乗ったらきっと酔うんじゃ無いかと思うほどの酷い縦揺れ


XLR125Rのリアサスのオーバーホールは条件付きでやっている所も有り
新品を買うよりは良いが、出来れば調整の出来るXR200(ME05)のリアサスが欲しい


しかしオークションでも滅多に出品されず、出ても直ぐに高騰してしまう


さてどうしよう?


理想はXR200のリアサスだがどうせ手に入らないなら流用って事で

XLR-029.jpg

こんな感じのサスを手に入れてみた
上がXLR125R用、下は手に入れたサス

画像で見てわかる通り、サス下側のコの字型アダプタをローダウン用の物に交換しています


画像だと上のXLR125R用の方が長く見えるが、それは画像のトリックで
穴-穴の距離は実際同じか下のサスの方がが微妙に長い(5mm以内の誤差の筈)



このサス、CRM250Rk(MD24-10xxx)初期型の物です


XLR-030.jpg

上側の穴の位置を揃えてみると

XLR-032.jpg

下の穴の位置はほぼ一緒


コの字部分を交換する前の時点で、メジャー片手の目視だが…
CRM250Rk・・・350-355mm
XLR125R・・・340-345mm位

コの字アダプタが約10mm短い物なので、サスの長さとしては問題無い筈


別体タンクはこの位置に固定

XLR-033.jpg

結構無理矢理な取り回しだが、OH時にホースの取出角度を微妙にずらして組んでもらっています



ちなみにサスの上の穴、厚みがXLRとCRMでは違うのでワッシャー6枚程入れて固定しました


今までのサスが酷すぎたので、凄く気持ちよくサスが効いています



試しに車高調整用のアダプタを使わずに取り付けてみましたが…


たった10mm位の差なのに、プロリンクだと結構変わるもので
リアが極端に上がり、サイドスタンドも長い物に交換する必要が有りました

それでも抜けきってボヨンボヨンなサスよりは良かったけどね


さて、後はチェーン・スプロケだ〜



交換orメンテ完了箇所
・フロントフォークのOH
・ステムベアリングの交換
・ホイールベアリングの交換
・タイヤ
・オイル
・FブレーキのOH
・リアショックのOH


交換orメンテ予定箇所
・スプロケ
・チェーン
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2012年06月01日

XLR125R メンテその3

ベアリング交換をした日
実は翌日にタイヤ交換を予定していたので、フロントタイヤをサクッと外し
タイヤレバーでタイヤを外した所、何故かガムテープが出てくる…


何故?


ガムテープを剥がすと、リムの内側に一部剥離が有ってその保護に貼った様子
去年と同様にガムテープで保護して見なかった事にする


次はリアという所で暗くなってきたので、その日は残念ながら時間切れ




翌日


朝早く起きてリアタイヤを外しておこうと思ったら


寝坊


本当は前後共に自分で交換するつもりだったが
フロントは楽だがリアは時間かかったな〜と思ったら

工賃 < 手間 に感じたのでリアだけは店に出してしまえと判断

カブに外したフロントタイヤとリアホイールを積み、リアだけは店で交換


帰宅後

フロントタイヤ交換は手間取らずあっさりと終わる


何となくTW-301/TW-302をまた選択したけど、次は別のでも良いのかな〜




交換orメンテ完了箇所
・フロントフォークのOH
・ステムベアリングの交換
・ホイールベアリングの交換
・タイヤ

交換orメンテ予定箇所
・スプロケ
・チェーン
・オイル
・FブレーキのOH
・リアショックのOH
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2012年05月29日

XLR125R メンテその2

タイヤは7月にでも…と思っていたのだが良く見てみると
リアはもう少し行けそうなのに、フロントは扁摩耗でスリップギリギリ

北海道へ行く前にも走る気はあるので、メンテ序でにタイヤ交換もしてしまおう

って事で今回はホイール関係を外した序でにベアリング関係を交換


ジャッキアップしてフロントを持ち上げた状態から

1.ホイールを外す
2.フォークを外す
3.フェンダーを外す
4.フロントマスクを外す
5.メーターを外す
6.ハンドルを外す
7.ステムを外す


ここまで外したので、まずはステムベアリングの交換

ベアリングだけを交換しても意味がないので、フレーム側の受けを貫通ドライバーで叩く

上下共に苦労する事も無く抜け、新品レースの圧入も古いレースを使って叩き込む
微調整しながらなので時間は掛かったが、特に苦労をする事も無く打ち込み完了


さてここからが難問

ステム側のレースを外す方法は、タガネ等を使って…

専用工具の設定すら無く、外し方はコツを掴んだ人にしか出来ない難易度


最終的に抜けたが、物凄い時間とステムに傷が付いた

次にやる時はもう少し早く出来そうだが、出来れば触りたくないってのが素直な感想



そしてステムを取り付け、フォークをセットしてフェンダーと取り付けていた途中
ステムのフェンダー取付用のネジ山に、ボルトの先端が入った状態で折れる


また手間を…orz

原因…
・元々ワッシャーを使ってフェンダーの位置を調整していた
・取付時にワッシャーを入れるのを忘れた
・その分ボルトが奥に入ったが、そこに抵抗になる何かが発生していた
・ボルトは劣化していた

最終的に…
ドリルでボルトに穴をあけネジ山切直し


ホイールベアリングの交換が終わった頃には疲れ切っていたのでタイヤ交換は次回へ持ち越し




交換orメンテ完了箇所
・フロントフォークのOH
・ステムベアリングの交換
・ホイールベアリングの交換

交換orメンテ予定箇所
・スプロケ
・チェーン
・タイヤ
・オイル
・FブレーキのOH
・リアショックのOH

タグ:XLR125R
posted by TERRA at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2012年05月26日

XLR125R メンテその1

手に入れてから1年が経ったXLR
購入当初に最低限のメンテはしたが、妥協しても良いかな?と思った部分はそのままにしていた

流石に1年も乗っていれば妥協した部分もメンテした方が良い気になったので
夏の北海道に向けて以下のメンテナンスを暇を見てのんびりと開始

妥協していた部分
・FブレーキのOH
・フロントフォークのOH
・リアショックのOH
・ステムベアリングの交換
・ホイールベアリングの交換

それ以外にも交換する予定部分
・スプロケ
・チェーン
・タイヤ
・オイル

タイヤ・スプロケ・チェーンは7月上旬にでも交換するとして

それ以外を全部一気に交換したかったが
天気が悪く物置の中で出来る作業以外はやりたくなかったので
予備パーツで持っていたフロントフォークのメンテをする


手順としては
1.トップキャップを外す
2.スプリングを抜く
3.フォークオイル(廃油)を捨てる
4.フォークオイル(新品)を入れる
5.エア抜きをする
6.油面調整をする
7.スプリングを入れる
8.トップキャップを締める


本当はシール類も交換し、内部の洗浄もしっかりした方が良いのだが
オイル漏れも無いので、今回は堆積物は無視してオイル交換のみの手抜きメンテ


作業終了後、交換後の感覚を知りたくて車体に取付

暫く走ってみたが、何となく良くなった様な気が…する




まぁリアサスが死んでいてボヨンボヨンだから

フォークの動きが良くなっても、殆ど意味無いんだけどねorz



さて、リアサスは流用かな〜
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年08月21日

ボルト&ナット

脱落多数

アフターファイヤーの原因、シリンダーとエキパイの固定ナットの脱落が原因

サイレンサーをRSVに戻しても出るアフターファイヤー音
数日後の伊豆ツーリング中にアクセルを普通に戻すだけでもパンパン鳴り出し
これはもう完全に整備ミスだと凹みながら排気系をチェックすると

エキパイを固定している袋ナットが無い…


お前か!!

予備ナットを固定するとアフターファイヤー音無し
正確にはただの排気漏れでしたorz

その後は気持ち良く走り、途中の林道を走っているとライトカウルが突然ズレる

ライトカウルを固定していたボルト&ナットが脱落

仕方なくホームセンターにより、適当なボルトのセットを買い取り付け

振動が悪いんだよな〜

等と言いつつキャリアを押した所、前方にGIVIのボックス毎持ち上がる

キャリアの三点止めのトップボルトも脱落かよ!!

一度各部のチェックをしなければ…
タグ:工具 XLR125R
posted by TERRA at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年08月13日

ボルト折れ

リアキャリアの取付ボルト3箇所の内、右側側面のボルトが途中で折れた

キャリア取付中の事だったorz



何故キャリアを外す必要が有ったのか?

XLR125R + ライディングスポット製キャリアはサイドカウルの後方の穴を固定に利用しているので
サイドカウルを外す必要の有る整備をする場合、必ずキャリアを外す事になる


今回はマフラー交換の為にキャリアを外した

実は北海道ツーリング中にラフロのRSVサイレンサーエキパイ側のマウントステーが割れたので
帰ってきてから直ぐにノーマルサイレンサーに戻して乗っていた
キャブセッティングもせず、そのままだったのでエンブレ時にアフターファイヤー頻発

キャブセッティングをするかステーを溶接し直してRSVに戻すか…
ノーマルの静かさは魅力だったが、デザイン重視で溶接し直して取り付けを選択

汚れたエアクリの掃除等もし、後はリアキャリアの取付という所で


ニュルン


ねじ山かナットをなめたか!?

と思い直ぐにチェックをすると、ボルトが中折れしてました


元々弱い部分なのは知っていたし、北海道ツーリング中のダメージも有ったのかな…

ポンチか貫通ドライバーのマイナスで叩くか、それともエキストラクタを使うか

ポンチが見あたらなかったので、貫通ドライバーで叩くも良い手応えが無い


ならばとエキストラクタでチャレンジし、何とか取り外す事に成功


このフレーム、元々キャリアが純正オプションに無いだけあって
ボルト部分に相当負荷がかかっているのだろう

何せ中古で手に入れた時点で、既に同じ位置に折れたボルトが残っていて
それもエキストラクタで抜いたのだから…
タグ:工具 XLR125R
posted by TERRA at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年07月10日

旅行準備


夏のツーリングに向け、XLR125Rの最終調整に入る

なんて言うと格好良いが、実際はワイズギア マルチキャリア3BOX用
http://www.ysgear.co.jp/e-shop/special/vol44/
を取り付けただけ


これが今現在の旅仕様 XLR125R

XLR-019.jpg

このキャリアは多分7〜8年位前、ドラスタの投げ売りセール品で購入した物
サイド・トップ付きで4万以下だった(34,800円位?)ので、箱代と考えても十分安かった
アフリカツインで半年使用、CT110で2シーズン使用、他数回使用
キャンプツーリング時の利用のみだったが、元は十分取った気がしていたが今回も活躍しそう


当初、アフリカツイン用のGIVIステーを溶接加工して取り付ける予定だったが
溶接経験者からのアドバイスにより素人加工を諦め、マルチキャリア3BOXを乗せてみたら
何かピッタリ&ガッチリ
XLR-021.jpgXLR-022.jpg

マルチキャリア3BOX、オフ車に向いているかも?




ちなみに

ここ数週間の間にブレーキパッド交換とアンダーガードを追加していた

XLR-020.jpg

アンダーガードはこちらを参考にしてXLX250Rのガードを加工して取付
http://blog.goo.ne.jp/hikaru2623/e/302bbb9c5c5721ff58a1cd6af27de44e

私は下側のパイプ接触部分はカットせず、ガードとパイプを沿わせてギリギリラインを探し
サイドと後ろ側を一部カット、干渉する部分出来るだけ曲げて逃がし最小限のカットで取付
ペンチで挟んで曲げたり、ハンマーで叩いたりと結構な力業で加工
右サイド部分は叩いて曲げて何となく形を整えただけ

見かけはアレだが、実用性はまぁ有るか
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年06月14日

タンクバッグ購入とナビマウントの位置変更


XLR125R用にタンクバッグを購入


XLR125Rは車載スペースが無い
HID導入時、車載スペースが無い為にエアクリの中に入れたのは良い思い出


通勤だけでは無くツーリングにも使う予定なので
F800GSにも取り付けている12V->5V変換とミキサーを取り付けたい
でもエアクリ内はHIDコントローラーが有るので、他の物は入れたくない


他にスペースは無い


テールバッグはあくまでバッグなので、防水と安全上そこに入れる訳にもいかない
(まぁそれ以前に劣化していたので取り外してしまったのですが)

通勤時は5Vやミキサーは必要無いので、ツーリングの時だけ後付出来るタイプで良い
12Vの取り出し口をハンドル付近に作ったので、ハンドル付近にポーチでも取付ようかなと思ったが
よく考えたらXLRは金属タンク、これってタンクバッグが取り付けられるのでは?


免許歴=バイク歴で初めてのタンクバッグ行ってみようか〜


オフ車だとタンクの形状により、TANAXのオフロードタンクバック3しか合わなそうだったが
用品店に見に行った所、GP.COMPANY LTDのgully FIELD SPORTS GLT-908
http://www.grand-prix.co.jp/gully/glt-908.html

が付けられそうな雰囲気

現物合わせしてみた所
XLR-017.jpg

何か大丈夫そう

このタンクバッグ、マグネットが四隅の4箇所だけでは無く
タンクに設置した時の一番前側に来る部分に5箇所目のマグネットが有り

XLR-016.jpg

ここに有る事によって

XLR-015.jpg

タンクキャップを被せる形で固定できる


問題が有るとすれば、タンク形状とキャップの出っ張りの為
その出っ張った分、前方側の容量を圧迫してしまう点

タンクバッグに何でも入れたい人には3リットル(最大5.5リットル)の容量は少ないが
私の場合は自作の12V->5V変換とミキサー、Bluetoothトランスミッタを入れたいだけなので容量十分


タンクバックを取り付けた序でに、ナビの防水対策に取付位置を少し変更

ナビの防水に使っているのは、ダイソーで売られているB6マチ付きの袋
XLR-018.jpg

私が使っているミニゴリラ(NV-SB540DT)は丁度ピッタリサイズ(5.2インチ液晶)
直接風が当たらない or 100km/hとか出さないので有れば豪雨の中でも平気
(F800GSで豪雨の中、高速道路を+αかもしれない速度で走っても問題なし)


今年の夏はXLR125Rでツーリング予定



2011/12/02 追記
某用品店にてセール中の同じタンクバッグを発見
在庫三個中、一個の説明書(?)の付属品図解欄に修正箇所が有りました
上からシール(?)で貼られており、ショルダーベルト=サポートベルトとなっていました
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年05月27日

あともう少し

初期の頃から現在へ
XLR-001.jpgXLR-011.jpg


・XLR125R後期型のフォークブーツ
青より黒派


・シート張替
赤から黒へ、市販のビニールレザーで張り替えたは良いが
引っ張りすぎて一部が裂けた為、近い内に再チャレンジ予定


・ペットボトルホルダー
便利なので


・12V電源取り出し
ナビや充電用に


・ハンドガード(ナックルガード?)交換
BMWのF800GSで使っているハンドガードを見ていて思った
このパイプ仕様のナックルガードは流用出来ないものか?

XLR-007.jpg


使いたいのはこの部分
XLR-008.jpg


問題点
バーエンド側の固定方法
エンド側のパーツはXLRにはゴツ過ぎるのと、固定用のボルトが太すぎる

解決策
社外バーエンドを使っての固定


古いデイトナ製のレンサル用バーエンドを使って固定
XLR-010.jpg

この時パイプの穴がギリギリ入らなかった為、丸い棒ヤスリを使って少しだけ拡張
XLR-009.jpg


取付後
XLR-012.jpg


ボルト類は市販の物へ交換。車載工具にトルクスを増やしたく無い為



・走行距離の少ないエンジンに乗替え
サービスマニュアルを参考に、外せる物は全部外してチャレンジ
マウントを抜き左側からエンジンを抜こうとするとNG、右側から簡単に抜ける(重いけど)乗せ替えに至って、マウント・キャブ・エキパイ・CDIなんかも交換

その序でにエアクリのダクトをXR200用に交換
これはノーマルのままで行きたかったが、HIDのコントローラーをエアクリの中に入れた為
ノーマルだと元々細い吸気がケーブル通る分吸気が減ってしまう事への対策
3箇所有る吸気ダクトの右側にケーブルを通し、左側は潰して真ん中をフリーにし
ノーマルに近い感じの吸気口にする(その状態でもノーマルの3〜4倍位大きいが…)

キャブはXLR200R用の物が手に入ったので、メインジェット#107 スロー#45で試し中
戻し量とかを調整しつつ、今の所その状態で試乗中


・ナビ用のベース取付
アフリカツインの時と同じく、汎用ハンドルマウントステー+ゴリラのナビ取付部分
XLR-014.jpg



現在の交換済みパーツ

・エンジン(走行距離ギリギリ1万未満のパワーの有る物へ交換)
・キャブ(XLR200R用PD24)
・エキパイ(XLR200R用)
・サイレンサー(RSV)比較的静かなのでインナーサイレンサーは別購入装着済みの様子
・スプロケ・チェーン 520化
・エアクリのケース・ホースはXLR200R用 + ダクト・エアクリはXR200用で湿式化
・タイヤ ブリヂストン TW-301/TW-302
・外装XLR200R + XR250モタード用マスク
・BMW F650/800GS用ハンドガード
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年05月05日

部品取れないパーツ


XLR-006.jpg

中古車の要交換パーツの一つにチェーンが有るが、今回のコレは流石に笑った

この画像、チェーンリンクの曲がる方向じゃ無くて横向きに曲げてみた時の様子
シールチェーンのシール部分は割れ、引っ張る限界を超えても余裕が有る程延びていた

大体の人は注油も調整もせず、延び放題にして交換が必要な状態で売り飛ばすが
ここまで使っても交換しなかった前のオーナーは、余程の無知か自殺志願者なのかと疑いたくなる

新品のノンシールチェーンは用意してあるので、520化にあわせて交換しよう
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年05月01日

XLR125R 追加&交換 その1

購入時に前オーナーは自分の方向性と全く違う改造をしていたので
自分の好みの方向(比較的ノーマル好み)へ改造していく


・グリップ
オフロードグリップ?(指の間の凸凹があるやつ)からXLR125R/200R純正グリップ
フニャフニャした材質だったのと、握った時の感覚が馴染めず交換


・フロントフェンダー
モタード用汎用フェンダーからXLR200R用へ


・フロントマスク
XLR125R純正からXR250 Motard(初期)の物へ交換
下側の取付部品はモタード用を使い、上側はXLRのまま取付ようとしたがスペース的に無理そう
ホームセンターのステーを使い、下側だけ前に延長すれば上側の穴が使えるが
当然光軸が上向きになってしまったので、上側も延長してなんとか取付
XLR-003.jpg

XLR-004.jpg

隙間が出来てしまったが、その内気が向いたら1からステーを作り直そう…
XLR-005.jpg


・リアフェンダー周辺
汎用フェンダーからXLR200R用へ


・ライト
フロントマスク交換に伴いH4化したので、アブソリュートのHID(旧型)取り付け
XLR125RはPH7の35Wを消費、アブソリュートのHIDは安定時35Wとの事なので
点灯時のピーク電力に不安は残るが、事前にXLRの配線のまま点灯チェックOK

HIDイグナイタはフロントフォーク左側スペースへ設置
HIDコントローラーのエアクリの中へ設置(ハーネスはダクトを通して入れた)
気分的に吸気部分が狭くなったのが精神的に良くないので、XR200のダクトを購入するか考え中


・ウィンカー
汎用ウィンカーから純正へ


・リアキャリア
ライディングスポットのXLR125R/200R用を取付


・リアボックス
GIVIの汎用モノキーベースを上記キャリアへ取付


何かもう勢いだけで取り付けてる感が…




おまけ

フロントマスク取付時に気付いたが、前のオーナーがフロント周りを触った時
左右のフォークの長さが5mm程違う状態で固定してありそれも修正
強めにブレーキをかけた時、何となくふられる様な感じがしていたのが改善した気がする


タグ:XLR125R
posted by TERRA at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年04月25日

不器用ですから 続き

結果から言うと、自力でタイヤ交換完了


使った物(タイヤ交換で失敗して追加購入した物)
・チューブ x2
・パンク修理パッチ(自転車用) x9


大雑把な経過
とりあえず新品チューブを購入しチャレンジ


堅い…


おりゃ!


完成!


プシューッ



もう嫌…お店に頼んじゃおうかな…

と本気で思ったが、出先でパンクというシチュエーションに何時遭うとも限らないので
ここを自宅と思わず(道具が揃ってはいるが)、パンク修理をして続行


向いてないのかな…

向いてないんだろうな…


と自問自答しつつ、イライラしながらパンク修理をしては修理箇所からの空気漏れを繰り返す状態になり
これってもうチューブ噛んでの失敗じゃ無くて、単純にパンク修理用の糊が古すぎるせいじゃない?
って事で新品にした所成功

チューブ噛んだのは私のミスだが、パンク修理失敗は糊のせいって事にしよう


堅い->力づくでタイヤレバーを入れ過ぎてチューブを噛む
この流れは堅くなって来た所で、一端ホイールを立たせて落とす事でビードを堅い方に寄せれば良さそう

何となくコツが掴めた気がするので、次のタイヤ交換も自力でやろう
予備チューブを3つは用意して…
タグ:タイヤ XLR125R
posted by TERRA at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年04月22日

不器用ですから

普段より2時間ほど早く起きてしまったため、昨日の失敗を取り戻すため再チャレンジ

予備のチューブを取りだし、今度は失敗しないように丁寧に…


完成!!


空気を入れて…


シューッ


orz



また噛んだ


パンク修理して再チャレンジ!!


完成!!


プシューッ

orz


繰り返す事、更に二回
接着が甘かったりの空気漏れを繰り返した所でタイムオーバー


自分、不器用ですから…
タグ:タイヤ XLR125R
posted by TERRA at 19:26| Comment(2) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年04月21日

タイヤ交換

BRIDGESTONE TW-301とTW-302に履き替え

購入時に履いていたDUNLOP D605はひび割れ・センタースリックな状態

交換時期なのでタイヤを注文したのはバイクが届いた翌日

数日後にブリヂストンのTW-301 2.75-18とTW-302 4.10-18が届いたので

仕事が早く終わり明るい時間に帰宅出来た勢いでタイヤ交換に挑戦
(交換未経験・カブのパンク修理経験1回のみのド素人です)

フロント…それ程苦労せず30分程で終了

リア…1時間30分程で失敗
空気を入れても何処からか漏れていく

ホイールにタイヤを入れるのが堅くて力任せにやったら、リアのチューブ噛んじゃったorz


時間は19時を回っていて暗くなっていた為、今日は交換を諦め後日再チャレンジ
予備チューブを買っていて良かったが、初心者のやりがちなミスだなぁ〜(実際初心者です)



今後の交換予定(購入済み含む)パーツ

フロントカウル…XR250 モタード用?(前期型とかに使われてた物)に交換
H4化するので、アフリカツインで使っていたHID(アブソリュート製)を取り付けて光量アップ

フォークブーツ…XLR125Rの後期型の黒に交換

ナックルガード…アルミ芯入りタイプに交換

スプロケ&チェーン…520化
520サイズのパーツが余っているので

エンジン…走行距離の少ないパワーの有るエンジンへ交換


さぁ、暇が無いゾー
次はパンクさせない様にしないと…
タグ:タイヤ XLR125R
posted by TERRA at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R

2011年04月18日

XLR125R

XLR-001.jpg

ファミリーバイク特約の使える〜125ccクラスを狙って購入

現在の足として乗っているCT110は、2004年の冬に中古(走行距離 約2.5万キロ位)で購入

北海道や近距離の散歩ツーリングにも使い、最近は片道5km程の通勤メインだがやっと5万キロを超えた

メンテはチェーン・オイル・ブレーキ・タイヤ関係の消耗品交換で済んでいたが
流石に走っていて明らかにパワーダウンを感じる(最高速度70km/h位)
一度全部バラしてチェック&各部オーバーホールor交換でも…

と思ってはいても、素人の私がサクサクと休日1日で出来るとは思えないので
2〜3ヶ月かけてのんびりとメンテナンス計画(無計画)をしたい

そうすると、普段の足がF800GSになってしまうが
職場の駐輪場が狭い&混む為、長期的にF800GSで通勤するのは避けたい

それ以外に現状動くバイクは無く、DAXは17インチ化計画中の為全バラ状態
(流用・加工前提の為、長期計画のまま凍結中)


軽くて使い勝手の良いバイクがもう一台欲しいな〜


そんな感じで探し始めたのが3月上旬の事

今回選ぶにあたって付けた条件は
・予算は20万以下(出来れば15万以下)
・排気量は80cc以上の物(最低限60km/h巡航がストレス無く出来るパワーは欲しい)
・スクーター以外(スクーターの小径ホイールは個人的に好きでは無い)
・国内メーカー(外車は日常の足として不安)
・パーツの互換性が高い(欠品していても流用可能なら可)
・ポジションが楽なフルサイズ

で、偶々サス抜けエンジン不動のXLRが部品取りで手に入り

キャブのOHとバッテリー交換でエンジンは掛かったので
オイル交換をし、ブレーキ・タイヤ関係はパーツを注文して後日交換予定

入手直後に追加したのは通勤用のGIVI箱を取り付ける為、ライディングスポットのリアキャリア

アフリカツインで使っていたGIVIのベースをセットしてみると
ベースの穴の幅とキャリア金属部分の横幅が完全に重なってしまい取り付け不可

やはり汎用のモノキーベースを買わないと駄目か〜

と思ったが、アフリカツインのベースを保管していた箱の下の方に
以前オークションで落札して一時期CT110で使っていた汎用金属ベース発見
このベースはCT110で使っていたが、固定穴の位置が悪く早々に外した物だったがこんな所で役立つとは…



結局、予算ギリギリまでかかってしまったが個人的には満足
FTRのエンジンとか載せたら面白そうなんだけどな〜







あれ?
XLR-002.jpg
タグ:XLR125R
posted by TERRA at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | XLR125R