TERRA'S ROOM

Since 1998/10/28
TOP画像。(size=19.5K)

2006年

日本の有人最○端 東西南北制覇
北海道はバイク、HONDA XRV750
沖縄は自転車、DAHON BOARD WALK D7





2006/08/09
日本最東端 北海道 納沙布岬


西 2006/04/17
日本最西端 沖縄県 与那国島 西崎(いりざき)


2006/04/19
日本最南端 沖縄県 波照間島


2006/08/05
日本最北端 北海道 宗谷岬


かなり適当に作られている為、ブラウザによっては正常に表示されない可能性が有ります。
表示やデザインの違和感は、制作者の特殊なセンス疑って下さい。
誤字脱字等は、生暖かくスルーして下さい。

気が向いた時に書いてる雑記の為、毎日更新はしない。
本来のトップは こちら http://terra.skr.jp/index2.html

2014年07月19日

サードシートの外し方


トランポや旅行時のスペース確保の為、サードシートを暫く外そうかと思い調べてみた

わざわざNV200で7人乗りグレードを選ぶ人は少ないらしく
ましてや7人乗りグレードを選びながら、サードシートを外すという本末転倒な話なので
検索にコレというページが引っ掛からず、仕方なく現物を行き当たりばったりチェック

セカンドシートは6箇所のボルト留めなのはひと目でわかって外しやすかったが
サードシートを外す上で、肝心の固定ボルトがカバーに隠れて見えない

とりあえず外せそうなカバーを外してみたが、実際は2箇所外すだけで外せる事が判明

DSC_0090.jpg

左側のカバーは上に力を入れれば簡単に外れたが

右側のカバーは非常に外し難く、とりあえず目立つ部分では無いので割れても良いやと考え
ダメ元でマイナスドライバーでこじった為に傷が入ってしまったが
実際はこんな作りなので、次からは簡単に外せそうな感じのカバーでした


出てきた2箇所の固定ナットを外せば、簡単にサードシートを外す事が出来ましたが

DSC_0091.jpg

ボルトが出っぱっているのが非常に悩ましい感じで
出来ればボルト穴が空いてるタイプの方が、後処理的にも楽だったのになぁ・・・

何にせよサードシートの取り外し方法もわかったので、後は旅行当日を待つばかり
タグ:NV200
posted by TERRA at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R

2014年07月12日

電源確保


外出時、停車中の車内にて5V電源が欲しくなる

具体的には携帯機器の充電がしたい!


予備の電池パックは持っているし、走行充電も出来るので
それは本当に必要か?と聞かれれば、いやそこまでは…と言う感じだが

停車中に充電したくなって、キーオンは面倒だしメインバッテリー直結は気分的に嫌
携帯の充電程度ではまずあり得ないが、バッテリー上がりを考えたらメインは使いたくない

USB 5V出力可能なサブバッテリー持ち歩けば?という話になるが
手軽さは有るが容量を考えるとコストパフォーマンスが悪そうな気がする・・・


ならいっそ、サブバッテリーを積もう!
サブバッテリーが有れば、停車中に電源がそれなりに使い放題!

と言うわけで長期旅行の予定も立ったので、勢いで改造してみた
まぁ他のキャンピングカーの様に電化製品を積む事は考えていないので
100A 200Aなんて大容量は必要無いので色々割りきった構成になっています


購入した物
・OPTIMA BATTERIES YELLOW TOP YT-B24L
http://www.optimabatteries.com/

・タイダウンベルト x2
安物2本

・各種配電パーツ
コンセントx2・スイッチx3・カバー他

・ケーブル
VCTF 2.00sqを外部電源用に、その他0.75〜2.00sqのケーブル


バッテリースペースは助手席下
DSC_0080.jpg

1cm厚のクッション材で大雑把な枠を作り、バッテリーが車内部品に干渉しない様にして
助手席の下スペースに強引に突っ込み、タイダウンベルトでシートベースに固定
(オプティマのイエロートップは横置き可なので非常に助かります)

ついでにシートベースのボルト穴を使い、化粧板を固定して配電パーツを取付
DSC_0089.jpg

手持ちのシガーソケット増設パーツをスイッチを経由させて取付
(シガーソケット部分から切断して間にヒューズボックスをつけています)

外部電源は助手席側のステップを外し、固定用のパーツを外してその穴から外へ
DSC_0085.jpg

腹下へ半固定
DSC_0086.jpg




サブバッテリーを助手席下側にした理由は

設置場所を探していた時、ボンネット内は固定が面倒そうで後部エリアに箱物は置きたく無い
残りは運転席か助手席の下側スペースだが、運転席は急ブレーキで足元に飛び出されても困る

残ったのは助手席下のスペース
シート下に丁度前後にシートペースのパイプが有り飛び出し防止に良さそうだが
'高さ'が13cm位しか無く、そのサイズに収まるディープサイクルバッテリーが見つからない

この高さが幅だったらな〜と思いつつ測り直すと、純正バッテリーと同じ位のスペースを計測

横置き出来るディープサイクルバッテリーが無いかと探すと、出てきたのがYT-B24L
同じ規格なので万が一メインバッテリーが上がっても、サブと入れ替え可能な所がポイント

容量はかなり少ない印象だが、消費電力の大きい電化製品は使用しないので現状不満は無く
細かな電装品が色々追加出来る様になったのは嬉しい限り



今回の割り切ったサブバッテリーシステムは
・20時間率 38Ahと一般のキャンピングカーの半分以下の容量
・バッテリーボックスは作っていない
・走行充電システムは導入していない
・充電は外部電源からの充電器使用

と本当に割り切った物なので、本格的なシステムを期待していた人には申し訳ない限り。、
タグ:NV200
posted by TERRA at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R

2014年02月21日

NV200 改造(改悪?) その4

オーディオ交換とETCの移設


バネット購入時、純正オプションで選べるカーナビやオーディオをどうするかと考えた時


・カーナビ
ダッシュボード上の設置に抵抗が無いので、インダッシュに拘る理由も無く
地図更新や故障時の金額を考えると、手持ちのゴリラ(5インチ)で問題無い

・オーディオ
理想を言えば、MP3・USB・外部入力対応
純正は値引き前提の価格設定と種類が選べないので
社外品で欲しいのが見つかるまで、標準CDにも外部入力が有るので妥協



購入から5ヶ月が経過し、何となく欲しい物が決まったので購入&取付

パイオニア FH-780DVD
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/fh-780dvd/

2DINなので空きベイが無くなってしまうが、小さいながらもモニター付き
MP3・USB・外部入力の条件をクリアし、DVD対応なので容量的にも大幅アップ


国内メーカーのモニター付きオーディオとしてはかなりの低価格
その分ナビ機能は無く、チューナーも別売りオプション対応という割り切り
モニターで表示出来るのは、入力された映像か読み込んだ動画のみ


ナビは外付けが有るし、テレビは別に必要ないので条件的にはかなり良い
問題は動画とDVD対応にその金額が出せるかどうかで、国内メーカー品が通販なら

CDドライブ無しUSB対応6,000円
CDドライブ有りUSB対応10,000円
DVDドライブ有りUSB対応モニター無し15,000円
DVDドライブ有りUSB対応モニター有り22,000円

私個人ならUSBメモリを複数用意して、USBのみのオーディオを買った方が安上がり

なのにFH-780DVDを買ったのは、そうそう買い換える物でも無いだろうという事で

・CDもDVDも再生出来る
・モニターが見られなくは無いサイズ
・MP3をDVDに焼ける事による大容量化
・バックカメラ接続可能
・同乗者持込のCD・DVDが有った場合の保険
・対応フォーマットが比較的多い
・国内メーカーの物だ

その辺を考えてこの価格なら買っても良いかな?って事で購入して取付

DSC_0028.jpg

少し動かしてみての感想は

・タッチパネルの反応が遅い&悪い
・USBの読込速度が遅い
・全体的にもっさりしている

と何か全てが遅い印象で、動作にサクサク感が無い為に
再生を始める前の設定や読み取り段階でのもっさり感にはイライラさせて頂きました

この機能でこの価格なら90点はあげたいが、初回の印象で付けるなら75点という所


取付自体は検索で出てきた情報を上げてくれた方々や
NV200 オーディオ 取り付け

車種別の取り付け説明書
http://carrozzeria.pmcnet.co.jp/


が役に立ち、特に迷う事も無く取付は終了したのですが


実はETCの設置場所が標準オーディオ(1DIN)の上の小物入れスペースに入れていたので
FH-780DVD(2DIN)に交換した事により、小物入れスペースが無くなってしまい
同時にETCの移設作業もしなければならず、思ったりより時間がかかりました

移設先はこれまた先人の知恵をお借りして
NV200 ETC 取り付け
で出てきたカードホルダーを加工した取り付け

DSC_0029.jpg

結構ザックリとやってもステー+両面で固定は出来るので問題なし

唯一問題が有るとすれば、カードホルダーの奥にヒューズボックスが有るので
ヒューズボックスにアクセスする場合、指を引っかける部分を取り外してETCを入れたので
外し方が少し面倒(力業)になった事位


さて、とりあえず暫くは車いじりは放置かな



追記
FMを受信していたので確認を忘れたが、AMがノイズだらけ全く聞こえず本体不良を疑ったが

結果的にナビの電源で使用していたアストロプロダクツの12V->USBアダプタ
http://www.astro-p.co.jp/product/135/

がノイズを吐いていた様で、シガーソケットに刺した時点でノイズ
離した所に設置したシガーソケットに刺してもノイズ

別に使っているミラリードのST13-07だとノイズも入らずAM受信
http://www.mirareed.co.jp/products/detail.php?id=st13-07

ゴリラ純正の電源アダプタを使えば良いのだろうが、USB端子が欲しかったのとサイズ的に邪魔
その点アストロのアダプタはサイズ合格、USB端子2個(2.1A/1.0A)で650円と理想的。だったのに
今回のノイズ問題は残念だったが、AMラジオをまず聞かないのでこのままかな〜

posted by TERRA at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R

2014年02月04日

NV200 改造(改悪?) その3

とりあえず適当に床のフローリング風加工をしたのが2013年の秋の事

NV200-009.jpg


フローリング風のクッションフロアを1800x2000mm
合板1800x900x12mm を2枚
防音・防振用のフェルトシートを900x4000x10mm

を購入して現物合わせで加工

同じ様にNV200をフラット化している人を参考にして
合板を車体幅の真ん中で半分になる様に適当にカットして現物合わせ
余った部分を使ってセカンドシート前側のスペースの足りない部分を埋める

セカンドシート・サードシートは生かしたままにする為
固定部分が干渉しない様に、ドリルとジグソーを使って適当に穴抜き
クッションフロア部分は十字にカッターを入れただけ


うん、適当



そしてベッドキット作成も現物合わせ(1人用)
DSC_0021.jpg

荷室用スペースで1つ
サードシート前倒しで1つ
セカンドシート前倒しで1つ
助手席前倒しで1つ

の面倒臭い4分割仕様


何でそんな仕様にしたかと言えば、全部のシートを生かした状態で一人分の寝床が欲しかったから


助手席まで使うと最大2400mmのベッドスペース


だが


セカンドシートまで使って1800mmのベッドスペース

DSC_0018.jpg

で基本的には十分





*2月7日 0が1桁足りなくて物凄いコンパクト表記だったのを修正
ツッコミありがとうございましたorz
posted by TERRA at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R

2013年11月11日

燃費


2000km以上乗って、この車の燃費がわかった様な気がしたのに・・・


基本的に夜間の国道や有料メインで街乗り少々
給油は同じセルフスタンド、同じ給油ラインにて自動停止まで給油

DSC_0261.jpg

街乗り少し多め、アクセルは踏み込み過ぎず気分的に3000rpm以下で走行

画面上、12.6km/l
走行距離から給油量で割ると約11.8km/l


表示はあてにならない・・・
大体12.6km/l表示の時に入れると、12km/l前後の給油量になる気がする


表示はあくまで表示として、参考程度にすれば良いのかな〜


の数週間後

DSC_0279.jpg

夜間のみ移動、一般道は単独の時は2000rpm位に抑え
途中の有料50kmは、100km/h以内で出来る限り80〜90キープ


画面上、14.8km/l
走行距離から給油量で割ると約14.4km/l


日中の街乗りが無いのと回転数縛りを入れるとそこそこ燃費は良くなるみたい
上り坂を走ると10km/lを確実に切るので、平地が多ければ15km/lは越えそう


前回(正確には前々回)の誤差は0.8km/l、今回の誤差は0.4km/l

良い方に誤差が出るとは思えないので
最低でも1km/l位の誤差は出てしまうと思っていた方が無難


まぁ

セルフスタンドの自動停止が何処まで毎回同じかもわからないので
こんな記録を残しておく意味は、自分用のメモ書き
posted by TERRA at 04:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R

2013年09月30日

NV200 改造(改悪?) その2


ロッドホルダーの取付

をしようと思っていたが、NV200 16X-3R
ワゴングレードの7人乗りなのでサードシートにアシストグリップは有るよね?

と思っていたのに有りませんでした

プレオに取り付けていたアシストグリップに取り付けるベルトタイプが使えない・・・


さてどうしよう?
1.諦める
2.キャリアに乗せる
3.カーメイトのキャリアを買う
4.何とかする

諦められないし、毎回キャリアから降ろすのも面倒だし、高いのはちょっと・・・


なので4を選択し、早々に完成!!

NV200-003.jpg

使えれば良いんですよ


プレオで使っていた安物ロッドホルダーの後ろ側だけを流用してロッドホルダーが完成

後方の取付位置と方法は以下の通り

左側
NV200-004.jpg

サードシートの跳ね上げ時の固定ベルトの金属プレート部分に紐を通してベルトを固定

良く見て貰えばわかる様に、ベルトが回らない様に紐の通し方を考えてあります


右側
NV200-005.jpg

同じく金属プレート部分に紐を通してベルトを固定


使えれば良いんですよ



ちなみに



前方のロッドホルダー部分は
NV200-006.jpg

カーテンレールです


・・・





何度も言いますが、使えれば良いんですよ


しかもカーテンレールを使った事で、仮眠時に荷室をカーテンで仕切れる仕様


これって意外と良いアイデアじゃない?

と思うのだが、問題が1つ

取付した部分、クリップを留める8mmの穴しか無くてネジ山が有りませんでした



ドリルを用意して


9mmに拡張




新車なのに・・・orz



その9mmの穴にウェルナット(類似品)を入れてカーテンレールを5mmのボルトで固定
カーテンレール上部に滑り止め&傷防止に、10mm厚のクッションテープを貼り付けて完成

後方は左下がりで、全体的には前下がりな取付になった為
今の所リア側のベルト固定で激しくズレ落ちる様な事にはなっていないので良し


さて、次は床のフローリング化・・・
タグ:NV200
posted by TERRA at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R

NV200 改造(改悪?) その1

ルームランプと荷室側のランプ(これもルームランプかな?ラゲッジランプでした)をLED化


ルームランプは前車のプレオに取り付けていた、アストロプロダクツのLEDバルブを移植

AP 2PC 3chip6SMD LEDルームランプ 31mm
AP 2PC 3chip6SMD
http://www.astro-p.co.jp/product/610/

このLED、2個入りで970円と安くネットの評判も比較的良い評価が多く
実店舗が行動範囲内に有るので、オクや通販の怪しいLEDを買うよりは安心かなと購入した物

取り付けた所、発色は白く気持ち青気味な気はしないでは無いが
元々付いていた暖色系の球よりは数段明るくなったので満足度は高かった
今回乗り換えと共にプレオを元の状態に戻して余っていた物を取付



ちなみに試乗時には気付かなかったが、家のバネットには荷室側におまけ程度のランプが付いており
2個入りなので残りの1個を・・・と思ってカバーを外してみた所

荷室側ランプはT10のウェッジ球

このランプが非常に暗く、おまけ程度のランプと言った通り作りも華奢で正直使えない
リアハッチを開けて荷室内で何かしようとしても、無いよりマシ程度なのでヘッドランプ必須
本当に無いよりマシな程度の明るさなのでこちらもLED化

今回もアストロプロダクツでAP 3chip12SMD LEDルームランプ

http://www.astro-p.co.jp/product/607/

こちらは1個入りなのでルームランプに入れたLEDと比べると割高感は有るが
微妙な差だがLEDがx6とx12の2倍載っているので少し明るい。(2倍明るくは感じない)
付属のコネクタで様々なソケットに対応出来る点は評価出来るが後は耐久性次第

ランプ内のスペースが狭いので、x18の方はギリギリ入らなさそうなのでx12の方にしたが
取付は背面のテープにコネクタの配線を貼り付けての空中浮遊状態

NV200-002.jpg

本当はライトカバーに直接乗っけてしまおうかとも思ったのだが
発熱の低いLEDとはいえ、熔けて変形する可能性を考え結局適当に取付してしまった。

今回LED化した事によって、リアハッチを開けてヘッドランプを・・・
なんて事をする必要が無くなったので大満足

本当ならランプユニット毎交換してしまうのがベストだったのだろうが
内張をどうこうするつもりが今の所無く、規格の合うユニットを探すのも面倒だったので
暫くはこのまま行く予定です。

タグ:NV200
posted by TERRA at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R

2013年09月18日

購入


日産 NV200 バネット 16X-3R ローズレッド

NV200-001.jpg

キャリア付きで購入

バンじゃなくてワゴン
5人乗りじゃなくて7人乗り

セレナで良いんじゃ?
と言われるが、私の使用用途だとコイツがベター

先々の予定として、床の板張りとロッドホルダーの取り付け
ベッドキットの自作とやることは多い


150km程走って表示上、リッター12kmなので
慣らし中と考えるとまあ納得

この先極端に上がることもなければ
ストップ&ゴーを繰り返さない限り10kmを切ることもなさげ

車幅感覚と長さに慣れるには暫くかかりそうだが

荷物が沢山乗せられるのは良いね!
タグ:NV200
posted by TERRA at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | NV200 バネット 16X-3R